2021.06.21

ツーリングでGOGO‼︎ BMW 3シリーズツーリングとルーフボックス

こんにちは、Mayuhanです。

この通り、我が家のF31には

ルーフボックスを取り付けています。

 

本日は、その悩みに悩んで購入した

ルーフボックスの紹介と買うまでの流れを

書いていきたいと思います。

 

ルーフボックスに乗せるもの

まず1番に考えたのは、『何を乗せるか』です。

我が家でルーフボックスの1番の用途はキャンプ用品を乗せるということです!

あとは旦那さんがゴルフに行ったり自転車に乗ったりするので

ゴルフバック、自転車を積む可能性がありました。

キャンプ用品に関しては、

1番大きいテントが入るものが良いと考えていました。

なのでテントの袋の大きさ:63×27×54cmが問題ないく入る大きさで、

おすすめの容量が350〜500lぐらいと言われたので

400lぐらいで探すことにしました。

 

BMWのルーフレール

まずルーフにスキー板やスノーボード、サーフボード、自転車などを乗せるためには

ベースとなるキャリア、あとは乗せるものにあったアタッチメントの取り付けが必要です。    

ルーフキャリアの取り付けで気づいたことは

ルーフレールが最初についている車とついてない車があること!

BMWで説明しますと、セダン、クーペは

つるりんタイプ(レール無し)  

▲X4

 

ツーリングなどのステーションワゴンタイプ、SUVは

ちょいでっぱりタイプ(フラッシュレール/ダイレクトルーフレール)

我が家のF31はこのタイプになります。   

X7にはこれぞまさにタイプ(ルーフレール) 

▲X7

フラッシュレールとルーフレールの違いですが、

“車とレールの間に隙間があるかないか”です!

この3パターンの形状に合わせてルーフキャリアを選んでいきます!

ルーフレールが付いていないタイプでも

キャリアを付けるための穴が空いているものがあったり

窓の淵から直接挟んだりすることで

キャリアがつけらないことはないそうです。

ただそのようなルーフレールが無いタイプは、

対応している種類に限りがあったりとデメリットもあるみたいです。

 

メーカーを選ぶ

メーカーは私が思っていた以上に色々ありました。

その中で今回選んだのは『inno(イノー)』です。

innoは日本のメーカーということもあり、

どこに行っても定番として置いてあるみたいなので

追加のアタッチメントも買いやすいし、

何よりお値段が良心的でした!

あと今回店舗で購入したのですが、

実際に気になっていたものを実物を見ることができたので

安心して購入することができたのも良かったです。

 

ちなみにベースキャリアとルーフボックスが別々のメーカーでも

サイズが合えば使うことができるそうですが、

何かあった時の保証が出来ないということなので

今回は全てinnoで揃えることにしました!

 

ベースキャリアの種類

次に決めたことは

フラッシュタイプ/スルータイプ  

ベースキャリアの種類を選ぶ際に悩んだ部分の一つが

バー部分の形です!

上の画像のようにレールから飛び出していないタイプ(フラッシュタイプ)と

飛び出しているタイプ(スルータイプ)があります。

これは完全に好みだと思います。

フラッシュタイプは車との一体感を優先していて

空気抵抗を極力抑えているタイプだそうです。

スルータイプは、フラッシュタイプに比べて

アタッチメントを取り付ける幅が大きくなるので

より大きいサイズのものを取り付けたい場合はこのタイプが良いかと思います。

ちなみに我が家はスルータイプを選びました。

今後どのように使うかは決めてないのですが、

ルーフボックス+自転車を同時に積む可能性があるかもしれないので

極力幅が広い方が良いということで決めました!

 

購入品

実際に購入したルーフボックスがこちらです! 

Inno BRM2020 PHANTOM

スキー6~8台、スノーボード4~6台積載可能。

ゴルフバックは2つ積めました!

 

購入品一覧

Inno BRM2020 PHANTOM

Inno TR140 取り付けフック BMW3T

Inno XB130エアロベースバー(130cm)

Inno XS450エアロベースステーフラッシュレール

 

次回は実際にルーフボックスに

荷物を積んでいる様子を書いていきたいと思います!

次回も是非読みに来て下さい。

 

前回の記事

 

 

Writerこの記事をかいた人

まゆはん

まゆはん

おやじ居酒屋からガールズバーまで おんな酒場放浪記を地で行くお酒大好き女子が、結婚出産を経てフィールドを酒場からアウトドア界に変更! 
旦那と子供の心配をよそに、アウトドアグッズを揃えるため、今日もAmazonの空箱を積上げる!

一覧へ戻る