2021.12.02

BMW iX xDrive40 展示中✨デザイン面をご紹介。

\\BMW Chofu GENIUS//

MAです🚗

 

今週末は、待望のiXデビューです👏

BMW調布では先行して先週よりiX xDrive40 を展示しておりますが、

今週末はデビューイベントということで、より、お客様にiXの魅力を感じていただけるような週末にしたいと思います(#^^#)

 

今週末は、新車をご商談していただいた女性のお客様

素敵なクリスマスプレゼントをご用意致しました🎁✨

抽選でどれが当たるか分からない!しかしハズレ無しです✨

①L’OCCITANE ハンドクリーム (3種)

厳選された植物素材を使用した製品を通じて南仏 プロヴァンス の生活を提案する コスメティックブランド である「ロクシタン」より、可愛らしいクリスマスパッケージのハンド クリームをご用意いたしました!乾燥する冬には必須の嬉しいアイテム。どの種類が当たるかはお楽しみです^^

 

②YOUFIRST ロールオン香水 (5種)

イタリア・ミラノ発のフレグランスブランド「YOU FIRST」はショールームでも商品展示をしており、多くのお客様にご愛顧頂いております。すべての香りに地中海の花を配合。忙しく目まぐるしい日常から思い出・欲望・願望などのユニークで親密かつ深い、詩的で純粋な世界へと誘います。持ち運びに便利なロールオンタイプの香水をプレゼント!

 

お楽しみに🎁✨

 

 

新車イベント参加プレゼント

夏のジュートバッグに続き、冬はボアバッグが登場!

女性も男性も使える冬にピッタリの可愛いアイテムです\/

査定・見積等お車に関してのご相談をさせていただいたお客様にプレゼント差し上げます🎁✨

 


 

さて、iXデビューの週末ということで!

今回のBLOGはiXの魅力を綴っていきます\/

(より詳しい内容は、ショールームでお伝え致しますね♬)

 

BMW SAVセグメント初の四輪駆動電気自動車

今まで、BMWは他メーカーよりも早く電気自動車の開発に携わり優秀な電気自動車を生産してきました。i8やi3がその実例ですね。先日のiX3デビューに続き、この度、iXはBMWSAVセグメントでは初の4輪駆動の電気自動車となります。iX3後輪駆動モデルかつ、X3のエクステリアをベースにi要素をプラスして作られたものであるのに対し、iXBMWiがゼロから作ったもの、そしてSAV初の四輪駆動電気自動車です。そのため、iX3は開発コードがG08というG系列で表され、iXI20と表されるという違いもございます。

 

 

エクステリア

最新のデザイン言語を表現。BMWの通常モデルはプレスラインでスポーティさとカッコよさを表すのが特徴のひとつでありますが、iXはプレスラインを廃することでパキッとした印象を与えず、最小のラインによるシンプル且つ一体感のあるデザインを表現することでBMWi独自のデザインコンセプトを確立しています。また、iXには最新技術を目立たないように車両に統合する『シャイ・テク』(前回のBLOGにて紹介いたしました!)をあらゆるところに採用しています。

 

▼サイズは、以下の通りです▼

 
サイズ 比較
全長 4,955 mm X5に相当
全幅 1,965 mm X5に相当
全高 1,695 mm X6とほぼ同じ
ホイール・ベース 3,000 mm X7と同等

 

 

 

●フロント

 

垂直に大型化されたキドニー・グリルは、カメラ・レーダー・センサーを統合。

3D視覚効果のあるキドニー・グリル表面の自己修復機能を備えた特殊コーディングを施しています。

 

フロント・エンブレムをプッシュすると、なんとウォッシャー液補充口が!(シャイ・テク)✨

そのため、ユーザー様によるエンジン・フードの開閉は不要となります。

 

ヘッド・ライトは最新の薄型ヘッド・ライトを採用しています。BMWレーザー・ライトは、オプション装備可能となっており、通常モデルと同様の機能を果たします。複数の対向車両に対する防眩機能を持つハイビーム・アシスタントや、ロー・ビーム点灯時に状況に応じて最適に配光調整してくれるLEDマトリクス・ライトが備えられています。

 

●サイド

 

ドア・パネルに統合された電動ドア・オープナー。

 

フロント/リア・ドア共に、ウィンドウ・フレームレスとなっております。サイド・ミラーのアームはすっきりとスリム化されています。

 

●リア

 

LEDテクノロジーに基づくスリムな薄型テール・ライトは、3Dテール・ライト・レンズによる立体的な発光が綺麗な点灯をなしてくれます。ウェルカム・ライト時のライト演出も同様。

 

通常モデルはテール・ゲートの開閉時に分割されますが、サイドパネルまで回り込む一体型のデザインになることで、テール・ライトが区切られない作りとなっております。そのため、内部にもターン・インディケーター、テール・ライト、ブレーキ・ライトが含まれる「セカンダリー・ライト・ユニット」が搭載され、テール・ゲート開閉時に点灯し、安全性を確保してくれます。

 

リア・エンブレムはカメラ、ウォッシャー・システムを統合しています。(シャイ・テク)✨

 

●ボディ・カラー

  • アルピン・ホワイト
  • ブラック・サファイア
  • ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト (BMW調布展示中❗️)
  • ファイトニック・ブルー
  • ブルー・リッジ・マウンテン

【スポーツ・パッケージにて追加されるボディ・カラー】

  • ミネラル・ホワイト
  • BMW Individual アベンチュリン・レッド
  • BMW Individual ストーム・ベイ

 

 

●BMW Individual チタニウム・ブロンズ・ライン

好き嫌いの分かれる青のハイライトに代わり、チタニウム・ブロンズのラインを採用することで、BMW iXの(電気自動車としてではなく、スタイリッシュな自動車としての)存在感を向上。

 

インテリア

高級感・先進的・未来の3つを体現したインテリア。

ラウンジのように開放感あふれる内装と数々の革新的な装備やコンセプトがふんだんに取り入れられたラグジュアリーな新世代BMWe-mobilityです。

 

●BMWカーブド・ディスプレイ

ドライバー・ディスプレイ(12.3インチ)とセントラル・インフォメーション・ディスプレイ(14.9インチ)で構成された大型の曲面ディスプレイは、インストルメント・パネル上で浮いているような視覚効果があり、伝統のドライバー・オリエンテッドも継承されています。

 

●Operating System 8(iDrive 8)

最新のOS8を採用した先進のユーザー・インターフェース。

まるでスマホのように統合されたAppメニューやクイックリスト、ダイレクトアクセス等でスタイリッシュ且つシンプルで先進的な気分を味わえます。

 

●ステアリング・ホイール

ヘキサゴナル・ステアリング・ホイールを採用。ディスプレイの視認性向上と、乗り降りの快適性の向上が考えられています。

 

●センター・コンソール

センタートンネルを有しないBMWiならではのフローティング構造。最小限の操作で済むように、各操作の項目は画面上に組み込まれ、スイッチ類はすっきりと集約されています。しかし、物理的なスイッチやコントローラーは排除せずBMWの伝統がここにも受け継がれています。インテリア・スタイリング・クリア&ボールド(ファースト・クラス・パッケージ)ではコントローラーやギア・セレクター、音量調整ダイヤル等に本物のクリスタルを施し、インテリア・エレメントを上質に仕上げます。

 

●フロント・シート

ヘッド・レスト一体型のシートを採用し、インテリア・デザイン仕様に応じて異なる表面素材を使用。

ラウンジ・パッケージに含まれるマルチ・ファンクション・シートには、シートやステアリング・サイドミラー位置メモリ機能やマッサージ機能、ベンチレーション機能等が備えられます。

 

《インテリア・デザイン・スタイル》

  • 「ATELIER」:標準装備/センサテック・レザー
  • 「LOFT」:オプション装備/クロスとマイクロファイバー・クロスの2トーン
  • 「SUITE」:オプション装備(ラウンジ・パッケージ)/オリーブの葉のエキスで加工されたナチュラル・レザー

 

 

●リア・シート

後席にもセンタートンネルが無く、快適な足元スペースを完備。40:20:40のの分割可動式リヤシートも装備されています。

 

フロント・シート・バックレストには、最大45kWの高出力充電用USB-Cポートや、様々なアクセサリ(ハンガーやテーブル等)を取り付けできるような作りになっており、後席エンターテインメントも充実しています。

 

テクニカル・データ

電気自動車の懸念点とされていた航続可能距離450km650kmという遠出でも十分な航続距離が可能になりました。

 
iX xDrive40 iX xDrive50
最高出力 240kW/326ps 385kW/523ps
最大トルク 630Nm 765Nm
0-100km/h加速 6.1秒 4.6秒
CO2排出量 0g / km 0g / km
航続可能距離 450km 650km
バッテリー容量 76.6 kWh 111.5 kWh

 

 

安全性能やデジタルシステム、スピーカーシステム等他にもお伝えしたい魅力あふれる最新機能は多くあるのですが、長くなってしまうので…

今回は、エクステリア・インテリアのデザイン面と最後にちょこっとテクニカル・データまでで留めておきます^^

 

最新機能やシステムの凄さにわたしは本当に驚いたので、その部分も実際にショールームにて、または次回以降のブログにてお伝えしていきたいと思いますので皆様興味を持ってくれたら嬉しいです\/

 

 

\\BMW調布 現在の展示車//

🚘118i M Sport  / ブラック・サファイア

🚘M340i xDrive Sedan / ブラック・サファイア

🚘NEW! iX xDrive40 / ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト

 

 


新車購入をご検討のお客様はお早めに!

 

併せて、半導体供給難による在庫・装備不足メーカーの価格改定による価格上昇により、近いうちに新車購入をご検討のお客様には、お早目の購入をお勧めしております。

旧価格でご案内可能なのは今週末まで!

さらに、2022年内にご納車予定のお車であっても、12/5までのご契約で旧価格が適用となります。

今週末がラストチャンスなのです!

そのため、BMW調では即納可能なお車をリスト化して特設サイトに随時更新しています。

ショールームイベント情報も掲載しておりますので一度アクセスしてみてくださいね^^

 

▼詳細はタップ▼

 


BMWで約10分。#38

第38話は、37話に引き続き…

のだめさんをお招きいたしました~\(^O^)/

 

うぐいす嬢経験があるだとか?!

なんと、ラジオ内で実演してもらえました♬そして、実はショールームにてパフォーマンスも行っております^^

吹奏楽経験のあるのだめさんは、ピアノ生演奏もお気に入りだそう!ピアノライブ、最高すぎるんです。

オープンカー初体験ということで、Z4のオープンのご様子も2人で実況しております(^ω^)❤

お車に乗りながら、ゆる~くお聞きください\♥/

 


 

\\Instagram//

 

この投稿をInstagramで見る

 

BMW 調布支店(@bmw__chofu)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

BMW 調布支店(@bmw__chofu)がシェアした投稿

 

\\LINE友だちになろう//

友だち追加

 

Writerこの記事をかいた人

ポルティMAO

ポルティMAO

BMW調布支店のプロダクトジーニアス。お客様の役に立てるよう、日々BMWの勉強に励みつつ、ショールームでお客様接客を行っています。趣味はダンス・旅行。家にいるときはNetflixか寝るか食べるか。それ以外はアウトドアで遊ぶことが大好きです。主食は米派。

一覧へ戻る