2022.04.04

ツーリングでGOGO!!BMWに乗って出かけよう!ウェルキャンプ西丹沢『春のニジマス釣り大会』

こんにちは、Mayuhanです。

前回の記事では、ウェルキャンプ西丹沢の売店の様子や、オススメ区画を紹介しました。

今回は、ウェルキャンプ西丹沢で毎年恒例の行事『春のニジマス釣り大会』に参加してきたので、その様子を書いていきたいと思います。

 

【ウェルキャンプ西丹沢】普段のニジマス釣り

ウェルキャンプ西丹沢では、予約不要でニジマス釣りを体験することができます。

釣り竿やエサの持ち込みは不要なので、気軽に参加することができます。

営業時間 9:00〜15:00
※季節によって時間変更あり、予約不要。

受付場所 総合受付隣の売店

利用料金 600円(2時間)
(1竿・エサ付き)

まゆはん
まゆはん
エサは、いくら10粒だよ!

場所 Cゾーン釣り堀

 

魚代 300円/尾
エサ追加 300円

 

注意事項

・魚のリリース禁止・持参した竿・エサは利用不可

・釣り竿は、時間内に受付した場所にて返却

・魚の下処理・料理は各自行う

 

 

【ウェルキャンプ西丹沢】ニジマス釣り大会開催について

ウェルキャンプ西丹沢のニジマス釣り大会は、年2回開催されます。

大会の日は、一般の釣りの受付は中止されています。

 

開催時期 春(3月)、秋(11月)
開催時間 【第1部】13:00〜14:30

【第2部】15:00〜16:30

参加費用 1,000円
受付場所 Cゾーン 釣り堀前
受付時間 開催時間の1時間前〜

※今回の取材日は、2022年3月20日(日)で、35竿限定でした。

予約なしの先着順なので、絶対やりたい方は、早めに行って並んだほうが確実だと思います。

釣り竿を受け取る際に、釣った魚を待ち買えるためのビニール袋を貰えるのですが、1匹でも生きているとすぐに穴が開いてしまったので、バケツやクーラーボックスを持って行った方がいいと思います。

 

 

【ウェルキャンプ西丹沢】ニジマス釣り大会優勝したら賞品あり!?

 

そして、

大会ということで、入賞した人には賞品がありました!

 

審査基準:時間内に1番多く釣り上げたグループ

賞品:ウェルキャンプ西丹沢で利用できる宿泊利用券

↓順位によって値段が変わります↓

優勝 10,000円分

2位 8,000円分

3位 6,000円分

まゆはん
まゆはん
賞品があると余計に燃えますね!

 

賞品についての注意事項

・宿泊、バーベキューのみ利用できる

・事前に予約が必要

・お釣り無し、残額を繰り越しての使用不可

 

 

ちなみにこの日、私が参加した部の優勝者は、小学生の男の子とそのお父さんで、19匹釣っていました。

偶然近くにいて、その様子を見ていたのですが、次から次へとポンポン釣っていて羨ましかったです。

 

私たちは、大人3人だったので、3匹が目標だったのですが、

結果…

 

なんと…

 

1匹でした…。

何が難しいって、エサのいくらを針に刺すのがホントに難しい!

上手くエサを刺せても、ニジマスも賢いので、少しでも竿を変に動かしてしまうとすぐ逃げてしまうんです…。

あといくらの中身が抜けてしまっていると、警戒して寄って来ないです。

まゆはん
まゆはん
いや〜難しかった!

でもとても勉強になりました、またぜひ挑戦したいと思います!

 

ちなみにその貴重な1匹を釣ったのは、私です←

 

 

【ウェルキャンプ西丹沢】ニジマスを釣ったら塩焼きに!

ニジマスを釣ったら、リリースせずに受付に申告し、釣ったニジマス分の代金を支払います。

まゆはん
まゆはん
ニジマス1匹300円!

 

ニジマスの下処理と調理は、自分達で行います。

魚の下処理はあまりしたことがないのですが、ネットで検索しながら無事に下処理を終え、塩焼きにすることができました。

ニジマスは、バケツで長く生かしておくとストレスが溜まって、味が落ちてしまうそうです。

釣るのが楽しくても、キャンプでは食べ切れる量を釣るのがいいと思いました。

たくさん釣ってしまっても、すぐに家に帰れる場合は、下処理をした後、冷凍しておくと鮮度を保てるそうです。

私たちは初挑戦にしては、おいしく食べれたんじゃないかと思います。

一つしかない魚をみんなで食べるのもまたよりおいしいと感じました。

 

今回は、ウェルキャンプ西丹沢の釣り堀、春のニジマス釣り大会の様子を書きました。

子供も初めてみた魚釣りで、とても喜んで見ていました。

またぜひ挑戦したいと思います。

次回は、今回のキャンプで作ったご飯を紹介します。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

*前回の記事*

合わせて読みたい!

ツーリングでGOGO!!インドネシア生活を楽しもう!”日本人スタイリストがいる『Ka•Mi hair & beauty』で体験する、話題のヘッドスパ「ウォーターヒーリング」

こんにちは! インドネシアのスラバヤから日本へ最新情報を発信しているMayuhanです。 ペナン島の観光情報をお伝えしていたところですが、今回は別の特別な情報をご紹介したいと思います。 それは、スラバ...

bmw-life | 2024.3.11

Writerこの記事をかいた人

まゆはん

まゆはん

おやじ居酒屋からガールズバーまで おんな酒場放浪記を地で行くお酒大好き女子が、結婚出産を経てフィールドを酒場からアウトドア界に変更! 
旦那と子供の心配をよそに、アウトドアグッズを揃えるため、今日もAmazonの空箱を積上げる!

一覧へ戻る