2024.02.26

ツーリングでGOGO!!インドネシア生活を楽しもう!【ペナン島】ブルーマンションで食べる豪華ディナー(チョンファッツィーマンション)

マレーシアからこんにちは!
Mayuhanです。

ペナン島観光の中で、特に心に残ったのがブルーマンションでした。マレーシアの豊かな歴史と多文化が交差するこの地で、ブルーマンションは一際目を引く存在です。

今回ブルーマンション内にあるレストランにも行くことが出来たので、そちらについても詳しく書きたいと思います。

ぜひ最後まで読んでください!

 

ブルーマンションとは?

マレーシアはペナン島にあるブルーマンション。
正式名称は「Cheong Fatt Tze Mansion(チョンファッツィーマンション)」といいます。

ブルーマンションは、中国系マレーシア人の事業家であるチョン・ファット・ツェ氏のかつての邸宅です。

まゆはん
まゆはん
2000年にユネスコ文化遺産建築保存賞も受賞。

ペナンのジョージタウンにあるこの歴史的な建物は、その鮮やかなインディゴブルーの外壁から「The Blue Mansion」としても親しまれています​​。

19世紀の繁栄を象徴する建築として、その歴史的な背景と独自の建築様式で知られています。

ビビッドなブルーの壁が熱帯の緑に映える外観で、ペナン島随一の写真スポットとなっております。

まゆはん
まゆはん
写真は加工せずでこの色鮮やかさ。本当に藍色の美しい建物でした。

 

ブルーマンション内のインテリア

建物のインテリアは、独特な彫刻、セラミックのタイル、美しいステンドグラス、そして精巧な木工品で飾られています。

この建物は、中国の伝統的な風水の原則に基づいて設計されており、東洋の美学と西洋の影響が見事に融合しています。 

各部屋は、高い天井と伝統的な家具で装飾され、当時の栄華を偲ばせます。

中庭に面した回廊は、静けさと涼しさを提供し、屋内の自然光をたっぷりと取り込んでいます。

 

レストランindigo(インディゴ)

ブルーマンションの2階に位置する『レストランIndigo(インディゴ)』

これまた雰囲気のある階段を登ります。

2階に着くと、扇の模様が描かれた小さな扉があるので、こちらから入ります。

レストランの中は、ランタンのような照明と、インディゴブルーのテーブルが並んでいます。

まゆはん
まゆはん
スタッフのユニフォームもインディゴブルーに揃えられていてとてもワクワクしました。

“青の定め”と書いて、テンと読みます。藍色を意味しています。

さらに調べていたら、この漢字は中国だと「ディーン」と読み、実際にディーンフジオカの中国名は「藤岡靛」と書くということを知りました。

 

レストラン・インディゴの料理

コンセプトは、東洋と西洋の料理を巧みに融合させた、クリエイティブなフュージョン料理を提供すること。シェフは、地元の新鮮な食材を使って、伝統的な味を維持しつつも、ユニークで新しい味わいの料理を生み出しています。

 

◎Hokkaido Ikura Cold Capellini

 

◎Foie gras steak

 

◎Truffle Mushroom Spaghetti

料理は、美しい盛り付けと味のバランスに定評があり、各料理には地元産のスパイスやハーブが巧みに使われています。ゲストは、新鮮なシーフード、上質な肉料理、独創的なベジタリアンオプションなど、多様なメニューから選ぶことができます。

 

◎ブルーマンションカクテル
KWAI FEH LEMONGRASS

まゆはん
まゆはん
フォーマルな雰囲気はありますが、以外にもカジュアルです。子供用のメニューもあるので、子連れでも気軽に来ることができます。

 

当時の様子が伺える歴史的な品々

レストランのある階には、数々の歴史的なアイテムが展示されています。

 

◎陶磁器 

日常のボウルや皿から装飾的な花瓶やポットまで、様々な陶磁器が含まれています。このデザインは、作成された時期の貿易関係と文化交流を反映しています。

 

◎伝統的な麻雀セット

これらのセットはしばしば竹と象牙または骨でできた牌を特徴とします。麻雀は古代中国に起源を持つゲームで、多くの中国コミュニティで人気の余暇活動です。邸内の中心的な娯楽の一つであったでしょう。

 

◎伝統的なウェディングベッド

豪華で精巧に彫られた家具、特に伝統的な結婚用ベッドは、邸の元の所有者の地位と富を物語っています。

これらのベッドは釘を使用せずに中国から輸出された高級品であり、結婚の地位と家族の誇りの象徴でした。

 

楽器

伝統的な中国の楽器は、邸の歴史における芸術と音楽の重要性を示しています。これらは娯楽用だけでなく、儀式用途にも使用された可能性があります。

 

アクセス


Googleマップで見る 

所在地:8, Jln Sultan Ahmad Shah, George Town, 10200 George Town, Pulau Pinang, マレーシア

 

さいごに

ブルーマンションは、実は宿泊もすることができます。快適な客室と温かみのあるサービスで、宿泊も観光客に人気です。

ぜひペナン島に遊びに行った際には、訪れてみてください。

ペナン島で過ごした時の話はまだまだ尽きません。次回をお楽しみに。

 

最後まで読んでいただき、Terima kasih!!

 

*前回の記事*

 

 

 

合わせて読みたい!

ツーリングでGOGO!!インドネシア生活を楽しもう!”日本人スタイリストがいる『Ka•Mi hair & beauty』で体験する、話題のヘッドスパ「ウォーターヒーリング」

こんにちは! インドネシアのスラバヤから日本へ最新情報を発信しているMayuhanです。 ペナン島の観光情報をお伝えしていたところですが、今回は別の特別な情報をご紹介したいと思います。 それは、スラバ...

bmw-life | 2024.3.11

Writerこの記事をかいた人

まゆはん

まゆはん

おやじ居酒屋からガールズバーまで おんな酒場放浪記を地で行くお酒大好き女子が、結婚出産を経てフィールドを酒場からアウトドア界に変更! 
旦那と子供の心配をよそに、アウトドアグッズを揃えるため、今日もAmazonの空箱を積上げる!

一覧へ戻る